プロフィール

えんじぇるあーと&ロイス

Author:えんじぇるあーと&ロイス
FC2ブログへようこそ!

いくつになったの
最新コメント
カテゴリ

写真・絵が出ませんので、当該タイトルをクリックしてください。 全文が表示されます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
fc2カウンター
リンク
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
05/01(Mon)

ライオンがガン飛ばす(汗) *木下大サーカスに行ってきました* (追記アリ)

昨日は、現在公演中の木下大サーカスを観に、横浜みなとみらいに出掛けて来ました。


20170430-1.jpg


こういうのってさほど興味がなかったのですが、実際に観てみると結構おもしろかったデス
圧倒的な臨場感ですね。
空中ブランコの高さだったり、大車輪? Wheel of Death の浮遊感とか、
テレビで見たのとはやっぱり迫力が違ってました

私の中で一二を争った出し物は、ライオンのショー(もうひとつは大車輪?ね)
ライオンさんたち、いくら鉄柵の中とはいえ、すごい緊迫感でした
猫科ですからね、素直に芸なんてやってくれないんですよ。
命じられても、とりあえずガァオ~とモンクを言う。
「うっるさいわねぇ、今はヤル気ないの!待ってなさいよ!!」「あ~ン?!文句あんのか??‼‼」とか言ってるカンジ
すごく体も大きいし、たまにどこかのサーカス団でトラブルがあった!なんて話も聞かなくはないので、ダイジョウブなのか。。。って ハラハラしちゃいます

途中、一頭のホワイトライオン♀が柵越しにこちらをずーーーーーーっとガン見してた時があったんです
肩を落とし、柵におデコを付ける姿勢で観客たちを品定め
呼吸まで聞こえそうな近さのリングサイドの席の人たちは、生きた心地がしなかったかも
我が家はライオンから、それでも15メートルは離れていたかしら(リングサイド席5~6列の後ろの通路の次の席)。
真正面だったので、動く勇気はありませんでした

日本の大きなサーカス団ですが、わりと国際色豊か?でした。
ピエロも、カタコトの日本語を話すオジイサン夫婦
連れは、二人にそれぞれハイタッチしてもらってました

あっという間の二時間超でした

気になったのは、観る位置ね。
今回は横からの観覧でしたが、横からがベストと思われる出し物と、やはり正面から観た方がいい出し物とあって、ファンなら席を替えて両方観覧するんだろうな、と思いました。
横浜公演は、5月22日までです。



これなら、シルク ドゥ ソレイユなども面白いかも。
今度来たら出掛けてみようかな




さて、メチャいいお天気だったのにお留守番だったロイスさん。


20170406-1qw.jpg

お、またわにわにロイスになる
ワニが出るサーカス団ってあるかなぁ。
ロイスなんて連れてったら、あのライオンたち、絶対鉄柵破って襲い掛かるわよ
(どちらにしても入れてもらえないけどね)





追記
サーカスで動物たちのショーを行っていることに問題提起をしている話がありますね。
私もそれを知っていたから、今まで近づかなかったのですけども。
今回出掛けてみて、会場に動物たちには適切に接している旨の張り紙があったり、調教師の方がライオンさんにスリスリ懐いてる?様子を見せていたりと、この問題を気にかけているからこそのパフォーマンスなのかな?と思わせるシーンもありました。
私としては、サーカスのショーと他の動物たちのショー(例えばおサルさんやイルカさんなどの)の違いって、ドコなのだろう?と。
象たちの飼育調教で足かせを付けるなどが問題にもなっているようだけど、それならば、ブリーダーの一部の方々が、ケージに入れっぱなしのままで繁殖させ続けることも、同じくらい大きな問題だと思う。
今観るかぎりでは、サーカスを限定して観るのはやめよう!と声をあげるのは。。。な気分でした。

ただ、動物は必要か?と言われれば、人の技を観るだけでもOKでしょ と、答えます。





にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ