プロフィール

えんじぇるあーと&ロイス

Author:えんじぇるあーと&ロイス
FC2ブログへようこそ!

いくつになったの
最新コメント
カテゴリ

写真・絵が出ませんので、当該タイトルをクリックしてください。 全文が表示されます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
fc2カウンター
リンク
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
04/13(Thu)

こちょうらん忌  *アルアート* ~追記あり~

本日13日は、先代のアルアートの10回目の命日です。
もうそんなになるのねぇ。
昨年秋にソランがみんなのところに旅立ってしまったし、近いところでも突然の訃報があったりと、今年はちょっとフラッシュバック気味。
当時は桜を見るのもつらかったな。
でも、今ではロイスと一緒にあちこちの桜を観に出歩くのが楽しくなった
ロイス、ありがとう。
13日もすごく嫌いだった、13という数字も。
今でもちょっとはピキっとくるけど、まぁなんとか過ごせています。

無理してでも笑顔でいることがイチバンね
始終つらそうな顔をしていると、それにつけ込むワルい奴が来るからね
気を付けてないと
とくにロイスには、叱ってる時以外は必ず笑顔
アルアートの病気が発覚してからは(それ以前からもずっとだったな)、笑顔になり切れなかったのでね、その反省。
ガンバリマス


今年も胡蝶蘭が咲きだしましたよ
このコたちと共にアルアートは旅立ったの。
あの頃は、ワンコを送るのって、どうやったらいいのか分からなかったのよね。

20170331ran1.jpg


20170331ran2.jpg

アルアート、よく食べちゃってたなー
美味しかったのかな。






ひさしぶりのアルアっちゃん登場ー

20041003-1q.jpg

ひゃあぁ~ かわいいーぃ
アンニュイなアルアートも可愛いわ~




*追記*

そうそう、亡くした後 つらかった時は、長いこと笑顔でなんていられませんでしたよ。
ずいぶん経って落ち着いてからね。
今では、そのコのことで思いっきり落ち込んで悲しむのも大切な時間だと思っています。




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このページのトップへ
04/13(Wed)

こちょうらん忌 *アルアート*

今日13日は、先代アルアートの9回目の命日です。

かる~くアルアートが生きていた日数を超えているんですね。
アルアートは8歳になれなかったですから。
そんな風に、時は黙ってすすんでいくのね。




さて、アルアートもよく散歩中に食べていました。
結構ワザ師で、通りすがりに、さりげなーく横を向いてパクっとやったんです。
よく食べたのは、いわゆるネコ草のようなもの
ホントに、なにげなくパクっと食べていました。
今にして思えば、調子が悪かったのでは…と思うけど。
あまりに上手くて、防ぎようがないくらい。
そして、叱る気にもなれなかったくらい。

ロイスは要領が悪いのかな。。。
食べたあと、人のことをチラ見したりする表情がワルいんですよねー
だからムっとしちゃう。



20060219-1q.jpg

6歳のアルアート。
散歩中、この背中が鼻歌を歌っているように見えたことが多かったな
人もワンコも好きで、いつも楽しそうだったね~




200704-al-art.jpg

きゃ~、かわいい
ホント、目に入れてもイタくないコって、まさにアルアートのことね
だからカミサマに好かれちゃうのね。

なので、目に入れなくてもイタイ「ワルっこロイス」、目指せ はたち
お空のアルアートも、きっと応援してくれていると思う








にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


このページのトップへ
04/13(Mon)

こちょうらん忌 *アルアート*

今日13日は、先代のアルアートの8回目の命日。

またこの日がやってきてしまいました。
アルアートのいない年月が、ゆっくりと積もっていきます。




20050521-1aa.jpg






上の写真は、2005年5月21日に長野・妙高方面に旅行に行ったとき、途中のSAで撮ったもの。

これ、見た時、すごく衝撃を受けたんです。
とてもサワヤカに笑ってる写真ですけども。
この笑顔、あまりに透き通って、儚げに見えて。
地に着いていないように感じて。
これで長く生きられる?どうなんだろう… と。




結果、そんな勘は当たったことになります。

ずっと、そうかも・と感じていたことが、
ついさっき調べてみて、
やっぱりそうだったのか…
と分かりました。

この写真の後たった一カ月ほどで、アルアートは病気の兆候をみせ始めることになりました。
ということは、たぶんこの写真の頃は…。



アルアートを失って以降、自分のそんな勘は遠慮なく尊重するようになりました。
そのコを日頃から見てて、一番知っているのは私ですからね。
オンナの勘は、やっぱりスルドイんです!
その勘(不安ともいう?)を根拠もなく打ち消す人は、たとえ生まれた頃からお世話になったお医者であってもむやみに信じないこと。
ちゃんと検査してみる!

ロイスは、2歳半のころからユルいウンPになってしまいました。
当時のお医者はそれを相手にしなかったので、別のところに掛かって相談にのってもらい、ここ数カ月でようやく安定してきました。

アルアート、すこしはアナタをなくした大きな虚無を小さくすることができたかな?
これからもガンバルからね。








さて、ちょっと切り替えましょう

こちょうらん忌、
うちのワンズはみんな胡蝶蘭と共に見送ったことから名づけましたの。

今年の胡蝶蘭たちをご紹介しましょう
まずはアルアートもこの花で見送ったコ、

2015041qaa-1.jpg

シマシマ系のミニ胡蝶蘭。
もう20年選手ってトコ、今年も元気に咲いてくれました

我が家の元祖、こちょうらんかあさんは、今年はめずらしくお休みデス
うちに来てから二度目、子育てもしてないのに休んだのは初めてですよ
昨秋が忙しかったので、ちょっと冬支度のさせ方を間違えちゃったのね。
まあ、その分早めに植え替えして、来年に備えるとしましょう。


そんな今年始めて咲いてくれたのは、このコ、

2015041qaa-2.jpg

一年前に、お店で50円という棄て値で売られていたコですの。
(レジのバイトの子が、値札を2度見ならぬ3度見したというね
買ったはいいけど根っこもダメで、一時はサジを投げかけたけど、頑張って花を咲かせてくれました
我が家の大事な一員になりましたよ
名前はそのまま「50円」 (あはは
(そうそう、この前"500円オトコ"って呼ばれた主人公のドラマがあったね、あれ、結構おもしろかった






にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村



このページのトップへ
04/13(Sun)

こちょうらん忌  *アルアート八回忌*

今日はアルアートの命日です。
八回忌ね(そんなふうには言わないか。)
どんどん月日は流れていきますね。

今年は寒かったせいか、こちょうらんはまだ咲いていませんよ。
あと1~2日ほどしたら咲くかな~
早く会いたいゾ







2007年の、数日前のアルアート、
痩せたな~。


2001040q-1.jpg


このプランター、大好きだったのよね。
ここにいつも、拾って来た石を置いていたのです。
ソラン兄ちゃんと遊ぶ時、ここから出してもらって遊んだのダ
楽しかったねー





こうやって見ると、若白髪になったロイスの横顔が少し似て来てるかなぁ。
白が薄茶になれば…
そしても少し黒をふやして~…





アルアートは目に入れても痛くないコだったけど、ロイスはがむしゃらで、どーーんって来るから、ホントに目に入りそうでイタイ仔だわね











アルアート、私もガンバッてますよ。
チカラをくれてありがとうね





このページのトップへ
04/13(Sat)

アルアート 七回忌です


    20031217-1.jpg

かーわいいな~

アルアート 4歳半のころですね
いっぱい遊んで、いろんなモノが付きまくりですよ
遊ぶのが楽しくて、会う人、会うワンコみんな大好きで、好きな物がいっぱいの世界が嬉しくってしょうがない といったカンジでしたね。



まったく。。。ずいぶん会ってないデス。
兄弟のソランは元気なのにね。
こんなに早く会えなくなるなんてね。
会いたいデス。
アルアートのいなくなった空間は、まだ空いたまま。
きっと誰にも埋められないかも。

4月13日という日に出会うとき、感電したようになっていた。
それは今年、静電気にヤラレタ!くらいに軽減された感はあります。
たぶん、ロイスのおかげね。
でも4月13日はやっぱり嫌い!
たとえば、今後出会う大好きなワンコがその日の生まれーとかいうようなら好きになるかしら?


アルアートはかけがえのない存在。
この先、一般にクローン再生技術が浸透してアルアートが生まれることが出来たとしても、たぶんちょっと違う。
あの時、あのパピとティナがいて、私たちがあの若さでいて、大好きな近所のおばちゃんやらお兄ちゃんたちもいて、大好きな遊び場で遊べて…そういう状況下での私の大好きなアルアート。
そんな貴重なあの日々。
分かっていたのに、分かり切っていなかった。
もっと慎重に、大切にできたらよかったのにね。






今年も、この日に合わせて咲きましたよ。
コチョウランです。

20130412-2.jpg

私は、アルアッちゃんの胡蝶蘭って呼んでます。
アルアートが亡くなって1ヵ月くらい経った頃に、胡蝶蘭かあさんの根元からひょっこり生まれたコです
生前、胡蝶蘭かあさんたち(我が家には数鉢の胡蝶蘭があります)の葉っぱや花をよく食べていたアルアート。
食べては私によく叱られてました。
そのお詫び?
もしくはすっかり気力をなくしていた私に、ボクの生まれ変わりをプレゼント?
予想もしなかった誕生に、少しづつ目線があがったのでした。

胡蝶蘭かあさんは去年も子育てしましたのでね、この時も単なる偶然の子育てだったのかもしれませんが、私にはとても嬉しいおくりものになりました。
毎年キレイに咲いてくれています、アリガトウ


アルアート、一番大好き
本当に、目に入れても痛くなかった。
大切なたいせつな。。。。。





そして、パピ、一番大好き
ティナ、一番大好き
ロイス、一番大好き


ぽっかり空いた空間は誰にも埋められないけど、大好きはふえる





たいせつな。。。





このページのトップへ
ホーム 次のページへ