プロフィール

えんじぇるあーと&ロイス

Author:えんじぇるあーと&ロイス
FC2ブログへようこそ!

いくつになったの
最新コメント
カテゴリ

写真・絵が出ませんので、当該タイトルをクリックしてください。 全文が表示されます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
fc2カウンター
リンク
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
04/25(Tue)

ソラン アルアート ミルクが生まれた日 と 母のファイト!

数日、また落ち着かない日々を送っていて昨日をスルーしてしまいました
昨日24日は、1999年に我が家に小さな悪ガキ’sが誕生した日でした

当時の今日この時間なんて、まだ私たちもどうしたらいいのか試行錯誤を始めた頃でしたね。
今日みたいにいいお天気だったけど意外と温度は高くなくて、チビっこたちが冷えないようにホットカーペットの温度を上げたり、お産で盛大に汚したカーペットをいつ洗うか(産箱を使ってくれなかったのでね)ヤキモキしていました。


写真は、ほぼ一か月が経った頃のもの。
たいじゅうそくていー
先ずはソラン。

19990522-1s.jpg

重さは580gくらいでしょうか。
一時期成長スピードが少し鈍った時があったっけ。


次はアルアート。

19990522-1a.jpg

ん、630gくらいかな
バンバン育ってましたねー


ラストはミルク。

19990522-1m.jpg

560gほどかな。
やはり女のコは、母乳を飲んでいてもさほど大きくはなりませんでした。

母ティナの体重は3.3㎏ほど。
出産直前までボールで遊びたがるほど元気な妊婦生活をしていましたが、生まれたコたちは150g前後と平均よりも大き目でした。
そのままどれだけ大きくなるのと心配しましたが、結果はミルクは母と同じくらい、ソランとアルアートは共に4㎏超えパピヨンになりました



そんな3匹をシッカリ育て上げたティナちゃんの産後2か月の頃。

19990625-1t.jpg

被毛が抜けて地肌がスッケスケ
ただでさえ2歳半でも「子犬ですか?」と声をかけられるほど被毛がパッとしなかったんですがね。
この後、さらにもっと抜けてました
頑張ったね

でも頑張ったご褒美秋には、避妊手術も終えたせいか徐々にモコモコ被毛(短さは変わらなかったけどね)の可愛いティナちゃんに生まれ変わった(?)のでした





お隣のソランも昨秋に旅立ったので、お隣さんもちょっとサビシイお祝いをしたもよう。
前に記事にした、ソランを送った胡蝶蘭を今度は数日間レンタル。(今日25日は月命日だし)
お隣さんも喜んでくれました
やっぱりこの時のために、短期間で頑張って咲いてくれたんだね




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このページのトップへ
04/24(Sun)

我が家のちびっこたちの誕生日☆ ソラン17歳おめでとう!

本日24日は、先代のパピとティナのコたち ソラン・アルアート・ミルクの生まれた日です



今も元気で、周りをちょろちょろする五月蝿いロイスを軽く制して追い払うパワーをも見せてくれる、お隣の「オッチャン」ソラン。

20160424-1.jpg

17歳になりました
ソラン、17歳おめでとう


父犬パピの、14歳と数日が最長の我が家のワンコたち。
未知の年月更新中です
元気で新記録更新し続けてね








そして、童話のような日々だった頃のいちまい

そろそろ生後一か月、という1999年5月22日の写真。
だいぶ暖かくなって、みんなおおらかに寝ていますね


19990424-1qas.jpg


手前がミルク、中央がソラン、奥がアルアート。
ソラン、カメラ目線で可愛い~
仲良し3兄妹でした






にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村


このページのトップへ
04/24(Thu)

ちび誕♪

今日はこんなヤツらが生まれた日です



19990425-1qw.jpg



1999年、ティナがちびっこ3匹をこの世に誕生させてくれました
(この写真は、翌朝のものです。
 ティナの顔に近いところから、ソラン・アルアート・ミルクです)




ちょうど今ごろ(夜から産気づいた)は、ハラハラどきどきワクワクきゃーきゃーだったな~
せっかくシーリングの大きな段ボールを産箱にと用意したのに、気に入らなかったらしく、カーペットの上で堂々と産んでくれたの
スゴク汚れて、ちょっとしょんぼりだったわ
でもじきに愛用してくれたけどね




現在はもう、ロイスの大好きなオッチャン ソランしかいませんが、まだまだ元気でいてくれていますよ
15歳、おめでとう







このページのトップへ
04/28(Sun)

ねずみ3匹♡

しばらくガタガタしていて、すっかりご無沙汰してました
まァ世の中、こんなモンね

昨日もロイスは一日お留守番
でも、ちゃんと一日留守番しててくれるって分かるから、安心して出掛けられます
ロイス、ありがとう





さて その間にトクベツな日があったんですが、慌ただしい中、とっとと過ぎていきました

それは、



19990425-1.jpg

タターン

アルアートたちの誕生日ですー



1999年4月24日、ティナが頑張ってソラン、アルアート、ミルクを産んでくれた日です
左手前がソラン、奥の左がミルク、奥の右がアルアートですよ
生まれた翌日25日の、でもまだ半日しか経っていない頃です。
ネズミみたいな3匹でしたね



当時 ご近所さんに、
「シロウトがやたら犬を繁殖させてはイケナイわ」って言われましたっけ。
ロクに犬種の繁殖のノウハウを知らない人間が繁殖させて、質を落とすものではない!っていうこと。
私も最初はずっとそう考えてきました。
たしかにソランもアルアートも4kg越えパピヨンになってしまい、スタンダードからはハズれてしまいましたが。

でもね、



19990508-1.jpg

5月8日、左はミルク、中央はティナ、右はソラン
ソランとなにやらお話している、優しい表情のティナ
この写真、大好きなの

19990508-2.jpg

その後おっぱいを吸いだしたソランに安心した?のか、眠りについたティナ
右端はアルアートね



こーんな様子を見ていたら、優生保護みたいな考えはフっ飛びますよ


ティナは他のワンコが大嫌いなブッ飛び娘で、被毛もぜんぜんぱっとしないし、パピも始終遠巻きにしてたりと、ちょっと困ったちゃんだったのね
でも子育ては非常に熱心で、産箱から出たときにちょっとチビちゃんが鳴いたら吹っ飛んで戻るし、とにかくマメにお世話していて、正直、それまでこんなにティナが立派に見えたことはなかった
ティナを見直しましたよ


ご近所さんもアルアートのことを気にいってくれて、もうそんな事は言わなくなりました。





毎日まいにち、どんどん可愛くなっていったちびちゃんたち。
2カ月ちょっとのパピヨン5匹の生活が、とってもとってもシアワセな日々でした

永遠の私のアイドル、アルアートが誕生した日でもありますよ



このページのトップへ
ホーム