プロフィール

えんじぇるあーと&ロイス

Author:えんじぇるあーと&ロイス
FC2ブログへようこそ!

いくつになったの
最新コメント
カテゴリ

写真・絵が出ませんので、当該タイトルをクリックしてください。 全文が表示されます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
fc2カウンター
リンク
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
04/13(Mon)

こちょうらん忌 *アルアート*

今日13日は、先代のアルアートの8回目の命日。

またこの日がやってきてしまいました。
アルアートのいない年月が、ゆっくりと積もっていきます。




20050521-1aa.jpg






上の写真は、2005年5月21日に長野・妙高方面に旅行に行ったとき、途中のSAで撮ったもの。

これ、見た時、すごく衝撃を受けたんです。
とてもサワヤカに笑ってる写真ですけども。
この笑顔、あまりに透き通って、儚げに見えて。
地に着いていないように感じて。
これで長く生きられる?どうなんだろう… と。




結果、そんな勘は当たったことになります。

ずっと、そうかも・と感じていたことが、
ついさっき調べてみて、
やっぱりそうだったのか…
と分かりました。

この写真の後たった一カ月ほどで、アルアートは病気の兆候をみせ始めることになりました。
ということは、たぶんこの写真の頃は…。



アルアートを失って以降、自分のそんな勘は遠慮なく尊重するようになりました。
そのコを日頃から見てて、一番知っているのは私ですからね。
オンナの勘は、やっぱりスルドイんです!
その勘(不安ともいう?)を根拠もなく打ち消す人は、たとえ生まれた頃からお世話になったお医者であってもむやみに信じないこと。
ちゃんと検査してみる!

ロイスは、2歳半のころからユルいウンPになってしまいました。
当時のお医者はそれを相手にしなかったので、別のところに掛かって相談にのってもらい、ここ数カ月でようやく安定してきました。

アルアート、すこしはアナタをなくした大きな虚無を小さくすることができたかな?
これからもガンバルからね。








さて、ちょっと切り替えましょう

こちょうらん忌、
うちのワンズはみんな胡蝶蘭と共に見送ったことから名づけましたの。

今年の胡蝶蘭たちをご紹介しましょう
まずはアルアートもこの花で見送ったコ、

2015041qaa-1.jpg

シマシマ系のミニ胡蝶蘭。
もう20年選手ってトコ、今年も元気に咲いてくれました

我が家の元祖、こちょうらんかあさんは、今年はめずらしくお休みデス
うちに来てから二度目、子育てもしてないのに休んだのは初めてですよ
昨秋が忙しかったので、ちょっと冬支度のさせ方を間違えちゃったのね。
まあ、その分早めに植え替えして、来年に備えるとしましょう。


そんな今年始めて咲いてくれたのは、このコ、

2015041qaa-2.jpg

一年前に、お店で50円という棄て値で売られていたコですの。
(レジのバイトの子が、値札を2度見ならぬ3度見したというね
買ったはいいけど根っこもダメで、一時はサジを投げかけたけど、頑張って花を咲かせてくれました
我が家の大事な一員になりましたよ
名前はそのまま「50円」 (あはは
(そうそう、この前"500円オトコ"って呼ばれた主人公のドラマがあったね、あれ、結構おもしろかった






にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
 

そうだよね。いつも一緒にいるんだもん、一番わかってるのはママだよ。
自分を信じるのだ!
何をどうしたって後悔してしまうのかもしれないけど、愛情だけは後悔
しないようにいっぱいいっぱい注ぎたいね。o(≧∇≦)o
胡蝶蘭て、家で咲かせられるのね。すごーい!
って、何も知らなくてごめんねー。(笑)
お花を咲かせられるってすごい事よね。私はどうも苦手で…(^^;)

 

グーグーガンマさま

グーグーガンマさんはちゃんと分かってるのねー。
きっとみなさんも分かってるんだわ~。
失くして気付く大バカ者。。。

胡蝶蘭は、たまたまウチの環境に合ってるんでしょうね。
業者に聞くと、マンションなのであったかいからかも・だそうですよ。
棄て値の鉢を買って、ゲンキに咲かせるのが趣味になってます(笑)
でもね、胡蝶蘭は咲かせられても、チューリップは咲かない家なのー(爆)
誰にでも向き不向きがあるようよ(^_-)-☆

 
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ