プロフィール

えんじぇるあーと&ロイス

Author:えんじぇるあーと&ロイス
FC2ブログへようこそ!

いくつになったの
最新コメント
カテゴリ

写真・絵が出ませんので、当該タイトルをクリックしてください。 全文が表示されます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
fc2カウンター
リンク
最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
08/09(Thu)

こちょうらん忌  * パピ *

今日という日は日本では長崎の原爆の日ですが、
我が家ではもうひとつ、
パピの命日でもあります。

papi1q1.jpg

今年は5回忌(そうは言わないケド)


アルアートが逝ったあと、パピはちょこっと血尿を出し、
今までと違う医者で、膀胱内のガンと診断されました。
それはある程度薬で抑えられるもので、1年なんとかうまく付き合っていたんです。

それ以外に、春前から下痢が断続的に続き、そちらの薬も欠かせない状態。
そして7月中旬には軽いセキが出て、気管が狭くなってきたので気管支拡張剤を、
更に、心音にも雑音が多くなってきたので心臓をサポートする薬を処方されました。

これらの薬が合ったのか、
抱っこで散歩にでて日陰で降ろすとワクワク歩いて調子よさそう。
長くガンと付き合うつもりでした。

papi1q3.jpg

↑(パピを撮った最後の写真。8月7日。
  数年前から、斜頸になっていました)




それが、
この年の8月9日、
雷の恐怖による心不全で逝ってしまったんです。




前日は、暑い日でまたちょっと呼吸がつらそうでした。
当日は、食欲があまりなく、散歩でもダルそう。
天気予報は晴れ。でも夕方、雷が鳴るでしょう、と。
パピは、歳とったころから雷が大嫌いになっていたんです。
出掛ける予定のあった私は悩みました。
後で思えば『イヤな予感』だったんですね。
でも、夕方だって予報だし、1時半には帰ってくるし…で、出掛けてしまったんです。

駅に着いたら、小さな雷の音。
慌てて帰宅すると、くったりしたパピがいました。
トイレシーツとかがぐちゃぐちゃになっていて。
舌はむらさき。
やっと帰ってきた、という顔をされましたよ。
でも、しばらくして動きがとまってしまいました。

後でご近所さんに聞いたら、大きなのがひとつ落ちたかも・な雷が昼前から鳴っていたそう。
雷を恨みましたよ。
気象予報士もちょっとね。
それ以上に、ヘンな予感が頭をよぎったのに出掛けてしまった自分を恨みました。
パピを失うくらいなら、休んでしまえばよかった。
パピも、自分の命を縮めるほど怖がらなくたっていいのに。

朝、フードを食べなくて、作ったささみを指であげたら美味しそうに食べてくれた。
すごく嬉しくて喜んだら、ビックリした顔されちゃった!
だって斜頸になってからあまり構われたくないみたいだったから、
パピの介護ってちょっと心配だったんだ。
素直に美味しそうに食べてくれたから、介護デキルじゃん!!って、うれしかった。

でも、せっかく一口食べたのにもういい。って言うから、
帰ったらまたあげるからね、って約束したんだよね。

約束したのに、はたせなかった。

介護、したかったなぁ。

papi1q2.jpg

↑(8月5日のパピ。歳とったワンコって、聖者の表情)



まばたきもしなくなったパピを色々お手入れしていたら、
いつのまにか笑顔になってた。

私のお世話をよろこんでくれたんだよね。
ありがとう。


パピは私にいろんなことを学ばせてくれました。

papi1q4.jpg

うちにきてくれて本当にありがとう。



関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ